簡単!スキレット メルボルンカフェスタイル

メルボルンのカフェでは温かい食事はスキレットままで運ばれて来ることもあります。アツアツのお野菜をバジルソースとポーチドエッグのトロリとした黄身と一緒にバゲットですくって食べるのが絶品なんです。

週末のんびりとカフェ気分でブランチするのにピッタリな1品です。

野菜は種類別にLaconikoガーリックオリーブオイルで炒めてにんにくの香りをつけました。ガーリックオイルを使うと、炒めた時に焦げる心配がなく、にんにくの香りが食材に染みて数段美味しくなります。

What You’ll Need 何が入っているの?

・じゃがいも:崩れにくいので、メークインを使いました。

・スイスチャード:茎の色がカラフルでクセがないので炒め物に適しています。今回は若くて柔らかいものを使いました。

・赤玉ねぎ:炒めると甘みが出て、しんなりすると全体の絡まりがよくなって、パンにピッタリな一品にもなりますよ。

・マッシュルーム:深い香りがこの料理にピッタリです~!お肉を入れなくても、いいダシが出て、旨味が感じられます。

・Laconikoガーリックオリーブオイル:にんにくの香ばしい香りがしっかりとついていて、そのままでも、炒め物に使っても、とっても美味しいんです~!にんにくのそのままの香りを、にんにくを焦がす心配なく、自由に加えられるので重宝しています。

・マスタードグリーン:最後の仕上げに使います。マスタードグリーンの他にもパセリやイタリアンパセリなどを使っても美味しくできますよ。

・卵

・バジルソース:自家製のバジルソースは間違いなく美味しくできるので、ぜひ作ってみてください!フードプロセッサーにかけるだけの、簡単で美味しい作り方です!

Recipe レシピ

Ingredients 材料 

じゃがいも 中3個

スイスチャード 小5本

赤玉ねぎ 1個

マッシュルーム 10個

卵 2個

マスタードグリーン(お好みでパセリやレタスなど)適量

バジルソース 適量

Directions 作り方

下準備

・【ポーチドエッグを作る】鍋にお湯を沸かし、酢を入れる。(お湯1Lに酢50mL)湯をかき回して、別の容器に割っておいた卵を静かに入れて白身を絡ませて半熟に茹で、冷水に取る。

調理

  1. じゃがいもは2cm角に切り、ガーリックオリーブオイルで芯がなくなるまで色よく炒める。
  2. 赤玉ねぎは縦に8つ切りにし、サッと炒め、半分に切ったマッシュルーム、3cmの長さに切ったスイスチャードを加えて炒め、1のじゃがいもを加え、塩、こしょうをふる。
  3. バジルソース、マスタードグリーン、ポーチドエッグを上に乗せて、完成〜!

↑Instagramで毎日オリーブオイルやバルサミコ酢を使ったレシピを毎日配信中!リール動画もぜひ見てみてくださいね☆

Comments コメント

タイトルとURLをコピーしました