ハロウィンに!もっちり食感のパンプキンパン

見た目がふっくらとしたパンプキンの形で可愛い、ハロウィンにピッタリなパンプキンパン。中には甘く、スパイスをきかせたパンプキンフィリングが入っています。パンの食感はモチモチ、中のフィリングと一緒に食べるのがとっても美味しいんです!

パン生地にはカボチャが練り込まれているので、ほんのりとカボチャの甘みがし、着色料不使用なのに可愛いパンプキン色が出せます。また、バターも使っていないので、軽い仕上がりになり、お子さんのおやつにもいいですよ。

What’s In These Pumpkin Buns? 何が入っているの?

・カボチャ:色だしと風味の両方の元となる材料なので、なるべくオレンジ色の濃いもので甘さの強いものを選びました。オレンジ色の濃いものを使うと、仕上がりはよりはっきりとした黄色の色が出ますよ。また、中のフィリングにも使うので、甘いカボチャを使うとより美味しくできますよ。

・強力粉

ドライイースト

・砂糖

・エクストラバージンオリーブオイル:Laconikoのエクストラバージンオリーブオイルを使いました。サラリとしているので、パン生地にもなじみやすいです。また、高品質で身体にいいオリーブオイルなので、安心してパンにも入れられます。

牛乳:乳製品フリーにしたいときには、豆乳を使っています。お好みのミルクをお使いください。

メープルシロップ:中のカボチャのフィリングに使います。砂糖を使うよりも、メープルの秋らしい香りに仕上がりますし、カボチャとの相性抜群ですよ。また、砂糖を使うよりもヘルシーに仕上がるのも嬉しいですよね。

・スパイス:カボチャにとっても合う、パンプキンスパイス。パンプキンスパイスは市販のもありますが、おうちでもできますよ。使ったのは、シナモン、ナツメグ、クローブ、ジンジャーです。

・シナモンスティック:カボチャのドーナッツを作った時と同じように、カボチャの茎に見立ててシナモンスティックをパンに差し込みます。

Tips コツ

☆ たこひもを結んでパンにカボチャのすじを入れていきますが、少しめり込むくらいまで強めに結ぶことで、よりはっきりとした線ができますよ。

☆ 生地を練る時は、軽く台にたたきつけて折り返し、上から圧をかけるように練ります。

Recipe レシピ

Ingredients 材料

【パン生地とパンプキンフィリングに使う、カボチャのペースト】

カボチャ

【カボチャのフィリング】

カボチャのペースト 180g

メープルシロップ 大さじ1

シナモンパウダー 小さじ1/6

ジンジャーパウダー 少々

クローブ 少々

ナツメグ 少々

カルダモン 少々

オールスパイス ひとつまみ

【パン生地】

強力粉 200g

カボチャのペースト 80g

ドライイースト 3g

塩 2g

砂糖 15g

Laconikoエキストラバージンオリーブオイル 大さじ1

牛乳 80mL

Directions 作り方

【カボチャのペースト】

カボチャを切り、柔らかくなるまで蒸して、皮を剥き、潰して硬めのペースト状にする。

【カボチャのフィリング】

カボチャのフィリングの材料をすべて混ぜ合わせる。

【パンプキンパン】

1.大きなボウルに、強力粉を入れ、その中に間隔を空けながらドライイースト、砂糖、塩、エクストラバージンオリーブオイル、カボチャのペーストを入れる。そこに牛乳を注ぎ入れて、手でよく混ぜ合わせ、まとめる。

2.12~15分、台の上で生地を練る。

3.オイルを塗ったボウルに生地を入れ、2倍の大きさになるまで発酵させる。

4.生地をガス抜きしてボウルから取り出し、6等分する。1つずつ丸めて、伸ばし、カボチャのフィリングを入れて、包んで閉じる。たこひもを8等分になるように結びつける。

5.4にぬれ布巾をかぶせ、30分休ませる。

6.生地の表面に牛乳を塗り、180℃のオーブンで15分焼く。

7.焼けたら網に取り出して、粗熱を取る。

8.たこひもをとり、シナモンスティックを真ん中に差し込んだら、完成~!

↑Instagramで毎日オリーブオイルやバルサミコ酢を使ったレシピを毎日配信中!リール動画もぜひ見てみてくださいね☆

Comments コメント

タイトルとURLをコピーしました